三井物産 決算発表内容

三井物産から決算発表がでました!

内容を見ていこうと思います。

三井物産決算発表内容

売上高1兆5217.68億円 6.8%減

四半期利益666.63億円 40%減

四半期包括利益合計額1兆7223.7億円 447.1%増

業績予想

当期利益1800億円 54%減

業績予想54%減少となりましたね。

業績予想予想が明確に出ているのは良いですね。

配当金

年間一株あたり80円

変更なし!!素晴らしい

配当金は変わらず支払われる様ですね。

コロナ禍ではかなり健闘した方ではないでしょうか?

売上について

当第1四半期連結累計期間の世界経済は、中国では持ち直しの動きがみられた一方で、米国など主要先進国、中国を除く新興国・途上国では新型コロナウイルスの感染拡大により、内外需ともに急速に落ち込み、成長率は大幅に低下しまし
た。但し、最悪期は脱しつつあり、経済活動の再開とともに景気が下げ止まり、回復に向かう動きもみられました。

米国では期初の外出制限で大きな打撃を受けた個人消費がその後の経済活動再開や経済対策などにより下げ止まりの動き
が出ており、雇用も徐々に改善しつつある一方、感染の再拡大がみられ、その影響が懸念される状況です。欧州でも外出
制限緩和により経済活動は再開し、経済対策の効果も徐々に表れるとみられますが、持ち直しのペースは緩慢になるとみ
られます。

日本でも緊急事態宣言の解除や経済対策で個人消費は下げ止まりつつあり、先行き、景気は持ち直しに向かうことが期待されますが、そのペースは緩やかになることが見込まれます。

新興国については、中国では生産活動の再開が進み、消費、投資も持ち直しの動きがみられるなど景気は回復に向かっています。

他方、ロシアやブラジルでは原油価格の低迷に加えて、特にブラジルは感染拡大が深刻化しており、景気の先行きが懸念される状況です。
なお、国・地域によっては感染拡大が続いており、世界経済が再び悪化する可能性に注意が必要です。

まとめ

原油安の影響はがっつり受けてますが、売上高も業績予想も50%減で済んでよかったなぁと個人的には思っています。

配当金も減配なしと安定した経営が期待できそうですね。

では閲覧ありがとうございました!

テリテリ投資ブログでした。

本日決算発表 三井物産、JTの注目点

三井物産

三井物産は高配当銘柄ですね。

現在の配当金は4.91%

三井物産は原油が売上の6割を占めています。コロナウイルスの影響で原油価格が暴落してしまい。

その影響を受けていると思われます。物や人の動きが鈍足化するのは仕方ないので売上が落ちているのは間違えないでしょう。

三井物産は前回の決算発表では配当金の減配予想はありませんでしたが、今回はどうでしょうか。

キャノンですら減配したのを見ると三井物産も減配しそうな気がしますね。。

三井物産はコロナウイルスの収束を2020年末と考え業績予想を出していたので、そこまで、悪い内容じゃない事を期待したいと思います。

三井物産注目点

営業利益の状況
配当金の減配の有無自社株の有無

三井物産 前回の決算内容↓

日本たばこ産業

日本たばこ産業も高配当銘柄ですね。

配当利回り驚異の8.46%

どーなっちゃったんだ(笑)

株価下げ過ぎでしょう(笑)

日本たばこ産業は名の通りタバコを作って売っている企業ですね。

4月から実施された全店禁煙や健康ブーム、若者のタバコ離れなどを受けて売上がガンガン落ちています。

今や6割が海外の売上でなりたっている日本たばこ産業ですが今年はコロナウイルスによる売上悪化が顕著となりそうですね。

個人的にはテレワークや巣ごもりによりタバコの個人消費が増えるのでは無いかと思ってますがどうでしょうか。

日本たばこ産業注目点

配当金減配の有無

まじこれに尽きる!

あとは巣ごもりによる、デーブルマークの売上アップ。

これは対した貢献はしないと思いますが‥

日本たばこ産業はリーマンショックでも減配しなかった数少ない企業です!

ここで踏ん張って減配しなければ大きく跳ねる可能性も秘めていますね!

日本たばこ産業 前回の決算内容↓

では閲覧ありがとうございました!

テリテリ投資ブログでした。

気になる銘柄 オリエンタルランド決算内容

オリエンタルランドから決算発表ありましたね。

一度は誰もが行ったことあるのでは無いかな?と思うほどの人気な遊園地?ですよね。

僕も好きではないですが一度行ったことがあります。

そんなオリエンタルランドから決算発表がでました。

コロナウイルスの影響が何処まで出ているか気になりますね。

決算発表内容

売上高 61.64億円 94.9%減

営業利益 156.41億円 赤字

経常利益152.83億円 赤字

当期純利益248.71億円 赤字

おぉおぉぉ‥‥

売上高がなんとか黒字だった物の

他は全て大赤字かぁ

配当金

今までは一株あたり年間44円でしたが

今期は未定となっていますね。

まぁ仕方ないでしょう。

業績予想

未定

ぐは、、

予想もなしですか

印象悪いですね。

これは印象わるいですね。。

早速チャートを‥

オリエンタルランド チャート

690円マイナスで12860円で終わってますね。

-5.09%となりました。

これ決算発表前だけど(笑)

なんで、こんなに下がってるんだろう

いやーまぁ、決算発表前に逃げる人が沢山いたと言う事ですかね。

仕方ないですね。

売上高や営業利益減少理由

(新型コロナウイルス感染症の影響)

当社グループの主力事業であるテーマパーク並びにホテルは臨時休業をしておりました。

テーマパークは2020年7月1日より営業を再開しておりますが、再開後も「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」等に沿った対策を講じており、入園者数を制限して運営しております。

また、レジャーに対する消費マインドの動向等、外部環境の状況によっては、通常レベルの営業に至るまでに期間を要する可能性があります。

これらのことから、第2四半期結会計期間以降の業績にも重要な影響が見込まれます。
(重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定)
四半期連結財務諸表の作成にあたり、不確実性の高い会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定は前連結会計年度末から重要な変更はありません。
(四半期連結損益計算書関係)

臨時休園による損失

新型コロナウイルス感染症流行の状況並びに政府、自治体からの要請等を踏まえ、当社グループの運営する東京ディズニーランド・東京ディズニーシーは2020年2月29日から6月30日まで臨時休園を実施いたしました。

このため、主に臨時休園期間中のテーマパーク事業で発生した固定費(人件費・減価償却費など)等を特別損失に計上し
ております。
なお、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金として、受給が確実と見込まれる金額を合理的に算出し控除しております。

今回の決算発表は、テーマパークやホテルの休業による、固定費や人件費がダイレクトに赤字となりましたね。

この雇用調整助成金で人件費の支払いが大幅に控除されるますね。

15000円の2/3から3/4ってかなり凄いですね。

事業回復に向けて

売上に関しては入場制限の緩和をしつつ営業時間の延長や大規模開発エリアの開業時期を見計らうようですね。

人件費は労働時間を短くしつつ雇用調整助成金を受給しつつ人件費を下げて行く様です。

グッズ販売促進させて固定費もイベントを減らしたりして減らす働きをする様ですね。

中長期的な成長に向けて

単価向上は何かチケットの値段上がりそうな気がしますね。

更にはパーク内で更にお金を払って遊ぶアミューズメントができそうな匂いもでてますね。

緊急性のない修繕は後回しにするようですが、これは次回以降の決算に響きそうではね。

ディズニーランドファンは沢山いるので、チケットを高くしたり、体験型アトラクションとかで追加でお金を取る事も出来るでしょうが

一体、ディズニーランド行くのに何万円払えば良いんだろう(笑)

リピーターも多いディズニーランドですが、あまりチケットを高くしすぎて客足が遠のかない事を祈るばかりですね。

では閲覧ありがとうございました!

テリテリ投資ブログでした。

岩手でついに感染者が!!

岩手県は29日、県内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表しました。
岩手県は全国の都道府県で唯一、感染者が確認されていませんでした。

参考元

あらーついに岩手で感染者がでましたね。

今日のお昼にニュースで、コロナウイルス感染者が0という事にプライドというのか、プレッシャーを感じていた岩手県民ですが

ついに、第一号が出てしまいましたね。

岩手から東京に来ている少年が帰省しようとしたら

父親から真剣に「帰ってくるな」「第一号となっては困る」と言われたと話題になっていましたね。

今治では、「おい!小池」を文字ったポスターを使用して感染者の実名と写真を載せたポスターを配るなど

行き過ぎた対応が報道されていますね。

てか、おい!小池!しってるって

結構なおっさんだけど(笑)

暇なのかな‥

医療従事者への「殺す」などの罵声や投石するなど医療従事者差別も起こっていますね。

幼稚園や保育園では、医療従事者の親の子は隔離するとか、小学校では担任が親が医療従事者の物は居るか?と挙手させるなど

コロナウイルス感染者やリスクの高い人への差別が止まりませんね。

そんな中での、岩手県でコロナウイルス感染者です。

これは完全に村八分起きそうですね。

吊し上げにあい、差別され、偏見の目で見られる事でしょう。。

実際にコロナウイルス陽性になった地方の家族は引っ越しを余儀なくされたとか‥

ここで言いたい!

悪いのはコロナウイルス!

罹った人は悪くない

誹謗中傷している人もかかる可能性がある訳で、かかった時にその人のせいにするのもお門違いです。

コロナウイルス陽性者や医療従事者への差別は行わない!

逆に心配してあげましょう!

では閲覧ありがとうございました!

テリテリ投資ブログでした。

キヤノン結果発表 33年ぶり減配へ!

キヤノンについて

キャノンから結果発表がありましたね。

キャノンは高配当銘柄として有名な銘柄の一つです。

キャノンといえばカメラや複合コピー機、最近では医療機器のエコー機器など幅広く展開している日本の誇るカメラメーカーの老舗です。

ここは33年連続増配し続ける優良企業ですがその歴史もこのコロナショックのせいで終わってしまいました。

僕もほしい銘柄の一つだったので

とても残念なニュースでした。

キヤノンチャート

キャノンの決算発表を見ていきたいと思います。

キヤノン決算発表の内容

売 上 高 1兆4556.27億円 17.8%減

営業 利益 151.22億円 81.9%減

純 利 益 130.7億円 80.1%減

2020年12月期 業績予想

売 上 高 3兆800億円 14.3%減

営業 利益 450億円 74.2%減

純 利 益 430億円 65.6%減

キヤノン配当金

一株あたり80円だった配当金を

一株あたり40円と減配しました。

さらに今後は未定としています。

キヤノンは33年減配なしの企業でしたが仕方ないですね。。

苦渋の選択だった事でしょう‥

キヤノン減配理由

新型コロナウイルスの感染拡大により世界経済は大きく後退しており、当社関連ビジネスも甚大な影響を受け、今年の業績は大幅に悪化する見通しです。

当社は、将来の成長に向けた新規事業への投資が出来る様、先行き不透明な事業環境の中で十分な資金を確保するため。キヤノンIRより

この状況下でやはりキャッシュは大事ですよね。

キャノンの様な開発を常に求められる企業は特にキャッシュが重要です。

無配としている企業が多い中、40円でも出してくれるのは嬉しい限りですよね。

しかし、末期配当が未定なのは痛いですね‥

キヤノンの売上高減少理由

やはりコロナウイルスが原因ですよね。

コロナウイルスによる自粛やロックダウンによりキヤノンの強みであるオフィス向け複合機やレーザープリンタの売上が落ちた事に加え、カメラ市場も更に縮小、医療機器関係もコロナウイルスによる営業が出来ない状況で売上減少となっています。

しかし!

追い風となるセグメントも!

家庭用のインジェクトプリンタが在宅勤務向けや家庭教育向けに堅調な売上だった様ですね。

だとしても、他の減少を補える程では無くキヤノン全体として見るとやはり厳しい状況は続きそうですね。

キヤノン今後の見通し

キヤノンは世界経済回復は時間が掛かるものの、年後半には緩やかに回復すると想定していますね。

オフィス向け複合やレーザープリンタは徐々に回復する予定も前年度を下回る見通し。

カメラ市場も減少傾向だが新製品投入をし拡販活動に注視家庭用インジェクトプリンタはこのまま堅調に推移する見通し。

医療機器関係はコロナウイルス長期化に対して緩やかな回復で止まる見通し。

半導体関連はメモリー向け投資を引き続き底堅く推移する見込みだが、センサーや車向けは停滞局面が続くと想定される。

まとめ

やはり株主の減配への失望売りが起きてしまいましたね。

決算発表後の株価は大きく下げてしまいました。

配当金も減配され、更に今後は未定という厳しい状況。

33年減配なしという、安全神話が崩れた瞬間ですね。

何処まで下がるか‥分かりませんが当分は底値を探る状況になりそうですね。

では閲覧ありがとうございました!

テリテリ投資ブログでした。

応援クリックお願いします。