カテゴリー
投資

アプリックス決算発表内容まとめ

アプリックスから決算発表が出ましたね。

分かりやすく簡潔に決算発表内容をまとめているので、初心者の方もわかりやすいかと思います。

良ければ最後まで見てください。

アプリックスとは?

アプリックスはソフト基盤事業から撤退して主力を新たにIoTやMVNO事業に2019年よりシフトチェンジしていますね。

IoTでは東京ガスのガス管理やKDDI、清水建設も採用されるなど、新規参入にして既に大手と取引していますね。

KDDIや清水建設も採用!IoTモジュール60万個突破

IoTモジュールの売れ行きも上々そうです。

MVNOは格安モバイルやらポケットWi-Fiがありますね。

これも、テレワークによる需要が高まる可能性がありますね。

そんな感じで新規事業が順調なイメージです。

アプリックス チャートと株価

アプリックス株価298円 8月現在

アプリックス決算発表内容

アプリックス売上高

2.29億円→13.72億円

498.2%増

アプリックス営業利益

-1.45億円→7500万円

黒字化成功

アプリックス経常利益

-1.46億円→6800万円

黒字化成功

アプリックス四半期純利益

-1.75億円→6600万円

黒字化成功

アプリックス業績予想

売上高25.02億円

196.8億円

営業利益5000万円

黒字化

アプリックス配当金

一株あたり0円

アプリックス経営成績

<テクノロジー事業>
受託開発案件やMyBeaconを始めとするIoT製品・サービスの拡販に注力。

<ソリューション事業>
連結子会社であるスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社のMVNOブ
ランド「スマモバ」における格安ケータイや格安SIM、クラウドSIMを用いたモバイルWiFiルーターサービス「めっち
ゃWiFi」や「THE WiFi」

法人向けIoTデータ通信サービス「unio(ユニオ)」など、顧客ニーズに応じたデータ通信サービスの拡販に注力。

新規事業のソリューション新規事業の伸び方がやばいですね!

業績予想などの予測情報

今期の営業利益は7500万円と、既に予想の5000万円を超えている。

これは顧客の都合による売上計上時期がズレた事やWi-Fiルーターサービスの「The Wi-Fi」販売に不透明性があるため、保守的に予想して現段階で業績予想の上方修正はしません。

まとめ

え、めっちゃ決算内容いいですね!

2019年よりIoTとMVMOへ主軸を変えたアプリックスですが大成功な感じがしますね。

今期は黒字化という事で、微笑ましい内容でした。

いやーお金があれば買いたい(笑)

なぜ100株しか買ってないんだ!!

くそー!

業績予想のこの意味深な感じ(笑)

上方修正出せるのに出さないなんて味な事しますね。

株価意識してくれてますね。

好印象です!

前回決算発表
では閲覧ありがとうございました!

テリテリ投資ブログでした!

応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です