カテゴリー
投資

菅総理誕生?携帯3社爆下げ!

安倍総理が辞任表明してそろそろ

一週間が経とうとしています。

そんな中の、総理大臣として

菅氏・河本氏・石破氏の

3名が総理選に出馬しました。

もうテレビなのどは菅氏が総理大臣になる雰囲気で連日報道されてますね。

まぁ、麻生派や細田派、竹下派などが既に菅氏に付くことを会見しているので

菅総理大臣誕生となるんでしょう。

菅氏が出馬してから

大きく下落くしている銘柄があります。

皆さんご存知?携帯3社です。

下落中の携帯3社

ドコモ、au、ソフトバンク

NTT

KDDI

ソフトバンク

この、3社の下落が目立ちますね。

なぜ携帯3社が下落してるのか?

菅氏は元々、携帯3社に対して

料金が高すぎると指摘をしていました。

その菅氏が総理大臣になった場合

今まで以上に携帯3社に値下げの要求をする事が予想されます。

それを悪材料とし携帯3社が下落している訳ですね。

携帯3社はその安定した携帯の契約者から毎月契約料を貰っています。

その安定した収益より高い配当金が魅力ですよね。

携帯業者って配当金利回りが普通に3%超えてるんですよね。

今下落していて4%まで行っています。

現在の携帯3社における粗利益を出すとソフトバンクとKDDIで49%くらいなので

めっちゃ利益出ててお金手元に残ってますね。

それを元に配当金や設備投資などの費用を出している訳ですが、、

営業利益率も20%前後

確かに菅氏が稼ぎすぎと言ってる感じが何となく分かりますね。

携帯利用料を下げられると、この粗利益と営業利益率に直接かかわって来ます。

今後、菅氏の政策で携帯使用料金が減ったら売上高や経常利益なども当然へりますよね。

そうすると、安定したお金の供給のもと行われていた高配当の維持も難しくなってきます。

なので株価は下落している訳です。

この道理で行けば

菅氏が総理大臣となったら

携帯3社の売上高や粗利益、営業利益率も低下し配当利回りも低下

そうすると株価も低下

という流れになりそうですね。

普通に今はかなり暴落してますが

下手したら更に下落するかも知れませんね。

携帯3社の株価と指標

NTTドコモ チャートと指標

NTTドコモ

株価 2869円

PER 15.95%

PBR 1.76%

粗利益 —-

営業利益率 18.37%

配当利回り 4.18%

KDDI チャートと指標

KDDI

株価 2975円

PER 10.79倍

PBR 1.56倍

粗利益 約49%

営業利益率 19.58%

配当利回り 3.87%

ソフトバンク チャートと指標

ソフトバンク

株価 1368円

PER 13.78%

PBR 6.48%

粗利益 約49%

営業利益率 18.75%

配当利回り 6.21%

今現在のPERとPBR見ると割安順だと

1位KDDI

2位NTTドコモ

3位ソフトバンク

となりますね。

ソフトバンクは他の2社と比べると

際立って割高にみえますね。

携帯3社買いか?

※個人的な意見です。

何処まで安くするかは分かりませんが

まだまだ買いでは無いと見ています。

今、楽天も第4のキャリアとして始動しています。

今、3等分されている取り分が

今後、楽天の参入で市場が4等分となります。

そうなれば、必ず現在の携帯3社の売上が下る事は容易に考えられます。

なので個人的には買いとは思ってません。

しかし、もし、買うならNTTは欲しいですね。

NTTは日本の回線を牛耳る親玉みたいなもんですからね。

楽天もソフトバンクもKDDIもNTTの回線がなければ

携帯事業はできません。

なので、やはりNTTは強いし魅力的な投資先だと思ってます。

では閲覧ありがとうございました!

テリテリ投資ブログでした!

応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です