カテゴリー
投資

日経平均株価 現状 考察

今週の日経平均株価は下落が続きましたね。

個人的にはもう保有株はズタボロです(笑)

今週を振り返って

今週の日経平均株価は22000円を割ってしまいました。

おぉ凄い落ちてますね。

下落した理由は皆さんご存知ですよね?

コロナウイルスの感染拡大を受けてリスクオフムードがやはりありますし。

ドル売が進み、円高となっているのも背景として押さえておきたいところでしょう。

週末は流石にリバってますね。

アメリカのGDPが発表され、過去最悪のGDP-32.9%とかを叩き出しましたね。

これは、四半期の統計を取り始めた第2次世界大戦後の1947年以降、最悪の水準です。

2008年のリーマンショックで最悪の3か月間だったマイナス8%台を大幅に下回り、今回の新型ウイルスの感染拡大がアメリカ経済に与えた打撃が極めて大きいことが示されました。

NHKニュースより

リーマンショックでマイナス8%ってもうリーマンショックと比べる必要が無いほどGDP落ちてますね。

日経平均株価は20000円切るか?

こんなバッドニュースが続き、決算発表も赤字ばっかりですが、このまま日経平均株価は20000円を切るか考えて行きたいと思います。

初回のコロナウイルスによる大暴落は16000円台まで落ち続け、追加緩和で一時23000円まで日経平均株価はあがりましたね。

日銀はまだマイナス金利深堀などの追加緩和は発表しておらず

まだ奥の手を残している状況であり

国も緊急事態宣言を出す気は全くない様で、これ以上経済活動を止めたくないと考えて居るようです。

これでもし、緊急事態宣言を再度発令したら日経平均株価20000円を切る日が来るかも知れませんが、

現状、まだ大丈夫かなと思っています。

まぁ、世界的な金融緩和が凄いですしまだ大丈夫かな

緊急事態宣言を次に発令したら潰れる中小企業が相次ぐと容易に予想できるので

やはり緊急事態宣言は出さない方針で良いと思ってます。

失業率が上がれば自殺者数も数万単位で上がりますし、

コロナウイルスで亡くなった方の数は1007人なので失業率をあげる方怖いですね。

日経平均株価20000円を切るかは

日経平均株価のPBRを見ておきたいですね。

日経平均株価PBR

もう、日経平均株価のPBRは1.03まで来てますね。

仮に暴落してもPBR1は20000円くらいなので、20000円切るか切らないか位で反発しそうですね。

因みにPBRとは?

  • PBR(株価純資産倍率)

PERと同じ割安割高をみる指標です。企業の持っている企業の時価総額から純資産をみて割安か割高かを見るものですね!PBR1と言うことは時価総額(株価×発行枚数)と純資産と同じとなりますね。

イメージ
A社 時価総額100億円 純資産500億円
B社 時価総額500億円 純資産100億円
この場合時価総額÷純資産でPBRが0.5なのでA社の方が割安ですね

因みに100億円でA者の株を全部買って売り払ったら400億儲かる事になります。なのでPBR1倍を切ると資産価値より企業の価値が下回っでしまうので割安となります。

日経平均株価 恐怖指数

恐怖指数は週末売られまくった割には全然高く無い水準ですね。

20を中々切れない状況ですが、市場の混乱は落ち着きつつあるようです。

恐怖指数とは、近い将来暴落が起こる際に跳ね上がる為、恐怖指数と言われています。

日経平均株価 騰落レシオ

青一色ですね。

幅広く売られ続けていますね。

これは来週に期待期待したいです。

騰落レシオとは一定期間の値上がりと値下がりした銘柄の比率を見ています。

日経平均株価 空売り比率

まとめ

コロナウィルスの猛威が止まらず、決算発表も赤字や配当を無くしている企業や業績予想を未定としている企業が沢山出てきましたね。

先行きは不透明ですが不透明な事が分かった。

コロナウイルスの感染爆発は収まらないと分かってきたので、受け入れて経済活動をする。

開き直って行くしかないかもですね。

ワクチン開発は勿論待ち遠しいですが、経済も新しいステップ、新しい生活に順応するよう変革と成長が求められていますね。

では閲覧ありがとうございました!

テリテリ投資ブログでした。

応援クリックお願いします。

カテゴリー
投資

日経平均株価 現状考察

先週末と今週の始めで大きく調整が入り23000円を割ってきた日経平均株価ですが

火曜日には1000円も上げました。

しかし利益確定などにも押されその後もダラダラと行き、結局23000円を割ったまま金曜日の取引が終わりましたね。

僕の保有している持ち株では、サンリオの社長交代に悪決算発表による株価の下落、JMACSはストップ高とストップ安を繰り返している状況でした。



世界情勢

世界情勢は相変わらずな感じで悪いままですね。

アメリカでは黒人差別デモの悪化、更には日本でもデモ行進は行われており、新たに警察官に電気銃を奪った黒人男性が撃たれたり。。

デモによるコロナ第2波やクラスターが懸念されたり。。

北朝鮮が韓国の建物を爆発させたり。。

米中問題が再燃したり。。

と色々とありますね。

そんな中、日本はコロナウイルスに関する自粛もステップ3となり、週末には県外への旅行も可能となりました。

日本は感染者を出しつつも着々と経済活動が再開再開しており、現在夜のお店や居酒屋などの営業時間も0時まで可能となるなど緩和ムードがありますね。

しかし、第二波の懸念もまだあり楽観視は出来ませんがwithコロナということで、これからはコロナウイルスを意識しながらの生活へとなるのかな?

まぁ、インフルエンザもそんな感じなので数年後には人間も慣れていきそうですね。

相場もそうですが「未知」という言葉に人間はよわいです。

どうなるか分からないのでと言うウイルスのせいで過度な対策や過度な自粛、過度な偏見などが生まれますが

慣れてしまえば意外と人間は順応していくものです。

なのでコロナウイルスとワクチンや薬の開発を待ちながら新しい生活様式という物で皆意識しあって生活して行き、それにそった改革やシステム変更が行われて世界もまた変わるのかなと思っています。

コロナウイルスを気にIT業界は10年先までかかると言われたテレワークなどのIT化がたった3ヶ月で急速に今進んでいます。



現状はまだ知らない様な企業でもこのコロナウイルスにより急速な生活様式の変化により成長をする可能性がある企業も出てきそうです。

これから先、ワクワクする様な企業が出てきてSF世界のような世界が広がる日が来るかもしれませんね。

因みに日経平均株価の調整はまだ終わった様には見えないので、もしかしたら来週も下げるかもですね。

もう一下げしてから上がる事を期待しています。

まぁ、このまま上がって頂い問題無いんですがそう簡単には行きませんよね。

では恒例のPBRと恐怖指数を見ていこうと思います。



日経平均株価PBR

PBR1以上となったので、割安感はなくなりましたね。

まぁまだ割安と言えば割安ですが一時期の0.8とか見ると割高に見えちゃいますね。

PBR1まで落ちたら日経平均株価は20500円まで落ちるので注意が必要ですね。

まぁ先週から言ってますが流石にもうPBR1倍を割る事は無いと思います。

政府が経済対策頑張ってますしね。

日経平均株価恐怖指数

ここは依然として高いままです。

先週は20代となり落ち着き始めたかな?と思ってましたが、また30代へと上がり市場は第二波への懸念により混乱が起こっている様ですね。

世界情勢も影響しているので、米国、欧州は高くなってますね。日本も相変わらず海外の影響受けちゃってますね。

日経平均株価騰落レシオ

これは今回から新たに取り入れた指標です。

騰落レシオとは買われすぎか、売られ過ぎかを見る指標の一つです。

加熱感がよくわかりますね。

先週も騰落レシオが高すぎて加熱感が強まっていると言うニュース後に暴落が来ましたね。

騰落レシオとは?ウィキペディアより

市場の値下がり銘柄数に対する値上がり銘柄数の比率から、 市場での、買われすぎ、売られすぎ等の状態や、市場参加者の過熱感(強気、弱気)を見る指標として用いられる。

  • (25日間の値上がり銘柄数の合計)÷(25日間の値下がり銘柄数の合計)×100

を計算した25日騰落レシオが、よく利用される。

  • 100ポイントを大きく上回った場合は買われすぎ。強気。
  • 100ポイントを大きく下回った場合は売られすぎ。弱気。

と判断する。

騰落レシオはある一定の範囲内で動くことが多く、

  • 強気がピークとなったタイミングで売り
  • 弱気がピークとなったタイミングで買い

の様に利用する。

と言う事で、見てみると

先週は140%とか大幅に上がったあとに売り込まれてますね。

これを見ることで現状の日経平均株価が売られてるのか買われてるのか分かります。

因みに今週末は50%〜70%代と売り込まれている感じが強いですね。

これなら来週は上がる確率が高そうですね。

日銀の追加緩和

ブルームバーグより

会合後に公表した参考資料によると、コマーシャルペーパー(CP)・社債の買い入れと新型コロナウイルス感染症対応金融支援特別オペを合わせた特別プログラムの総枠は110兆円超となり、従来の75兆円超から増加した。2次補正の成立に伴って企業への実質無利子・無担保融資が拡充されたことなどに伴う措置。内訳はCPと社債が20兆円で変わらず、6月下旬にスタートする新たな資金供給措置を含むコロナ対応オペを90兆円として、これまでの55兆円から拡大した。

凄いなぁ、どんだけお金バンバンつぎ込むんだろう。

来週日経平均株価が23000いきますように願いながらここでお終いとします。

では閲覧ありがとうございました♪

テリテリでした♪

応援クリックお願いします!

カテゴリー
投資

日経平均株価 現状考察

コロナウイルスの感染拡大は収束はしないものの、感染者数は減ってきましたね。

今週、東京アラートも解除となり経済活動の活発化が更に期待される事となります。

今週の日経平均株価はついに大きな調整が入るかな?という場面がありましたが

その都度値段を戻し、爆下げとはなりませんでした。



NYダウは金曜日に1860ドルも大幅に下げましたが、日経平均株価には開始時は大きく下げるも結果的には167円安と大きな影響はありませんでした。

今週金曜日の日経平均株価

先週金曜の日経平均株価

先週末と比べて500円程下がってますね。

普通に1500円くらいは調整で下げるかな?とおもってたので日経平均株価強いですね。

まぁ、来週はどうなるかわかりませんけどね。まだ、調整途中かも知れませんし。

ドル円相場

ドル円も一時106円台と円高に傾きましたが、6月13日現在は107円台戻り円安になってますね。

これは日経平均株価的には嬉しい事なので来週も少し期待しても良さそうです。

来週の日経平均株価が注目

来週の日経平均株価は上昇トレンドが続くか、下落トレンドとなってしまうかとても大事は局面にあると僕は思っています。

ここで、軽く調整が入り上昇トレンドとなってくれれば良いですが、来週下落ムードとなると厳しい感じになりそうですね。

まぁ、でも下落トレンドとなってもPBR1を割るほど下落するとは個人的には思えないので楽観はしています。

日経平均株価PBR

PBR1.08とまだまだ安値圏にはありそうですね。

ただPBR1.0まで調整がはいると日経平均株価は20500円くらいになるのでPBR1を切らないとしても、下落トレント入りしたら大きく下げそうですね。

日経平均株価恐怖指数

日本33.42

欧州41.41

米国36.09



あらー中々高い水準に戻っていますね。この背景には何があるんでしょうか?

やはり、コロナウイルスの第2波懸念でしょう。

米国は感染発覚者数が200万人を超え、さらに人種差別によるデモが激化しており破壊行為が横行しているせいで、コロナウイルスとは関係なくお店をやむ終えず休んでいる所も多い様です。

更にこのデモがコロナウイルスのクラスターになってしまう恐れがあり、アメリカは安定しない状況が続いています。

これらの要因が複雑に絡み合い株価を再度押し下げる事になっています。

では日本は?

日本は相変わらずの平和ボケですね。

メディアも石田純一の退院後の泥酔で千鳥足問題やアンジャッシュの渡部のテイクアウト不倫を連日報じるなどいつもの調子にもどってしまいました。

高校球児が甲子園のマウンドで試合できるのは心温まるいいニュースですけどね♪

そんな感じで日本はコロナウイルス以外は大きな問題もなく来ており、今後もアメリカの暴落の影響を受けながら調整しつう上がっていくのでは?と個人的に思っています。

早く日経平均株価24000円までに戻ることを祈って!!

では閲覧ありがとうございました。

テリテリでした。

カテゴリー
投資

日経平均株価 現状考察

今週は緊急事態宣言が解除され200兆円の新たな支援策が発表されましたね。

それを受けて日経平均株価は爆上げしました♪

毎週こんな感じならいいんですがねぇ

まぁ、そうは行かないでしょう。

先週の金曜日と今週の終値を見比べて見ようと思います。

先週の金曜日終値20388円

今週の金曜日終値21877円

+1489円高

めっちゃ上がってますね♪

これは短期で見ると買われ過ぎ感が最近はありますね。

それにしても2番底をつけるつけると言われ続けて中々2番底つけませんね。

もし仮に2番底をつけたとしても2万円を切ることは無さそうですね。

世界情勢悪化

コロナウイルスが少し収束してきた感じがありますが、世界の雇用状況はまだ悪化を続けておりアメリカの新規失業保険申請者数もリーマンショックの時とは比べ物にならない程増えております。

更には香港デモが再燃しそうになっています。

香港デモに関しては過去記事で書いているので詳しくは書きませが

昨年起きた香港デモの際は日経平均株価が大きく暴落しました。

何故かと言うと香港と中国には日本企業が沢山あります。

その中で、香港デモにより空港の選挙や治安の悪化により出張や営業が出来なくなり売上が落ちてしまいます。

その結果、決算に悪影響を及ぼしてしまいす。

更には香港の一国二制度を守ろうとしているアメリカの存在感が更に厄介です。

アメリカは今回の中国が行う国家安全法について批判しており制裁を行うとまで発言しています。

まじアメリカさん世界を混乱させてますね。

てか、中国と香港は一国ニ制度により守られている特別地区としているんだからそのままにしておけば良いのに。。

まぁ、そんな感じでコロナウイルスが少し収束してきてら今度は国同士での小競り合いが始まり

かなり不安定な状態が続いていますね。

なので、来週はちょっと危険な匂いがしますね。

拗れると日経平均株価が落ちる可能性があります。

今まではコロナウイルスの事を見ていれば良かったですが、これからはコロナウイルス+米中問題+香港中国問題も気にしなければいけなくなりますね。

日経平均株価PBR

PBR1.07

いい水準まで戻ってきていますね。

今回のコロナウイルスショックで市場下がった時で0.83だったのでその頃の事を考えると、こんな3ヶ月という短時間でここまで回復するとは、やはり株式は凄いなと言うしかないですね。

日経平均株価恐怖指数

恐怖指数27

日本もアメリカも少し一服してますね。

20を着れば市場が落ち着いてきたと言えるのでまだまだ不安が残っている状況ですね。

このまま何も無ければ24000円までは回復してくれそうですが簡単にそうは行きそうには無いですね。

まとめ

来週の注目は

緊急事態宣言解除によるコロナウイルス第2波の有無

香港デモの再燃するかどうか?

米中問題

この3つですね。

株価は下げたくないトランプ大統領なのでそこまで、こじらせるとは思えませんがどうなる事でしょう。

応援クリックお願いします。

カテゴリー
投資

日経平均株価の現状考察

今週の日経平均株価は下落で始まりましたね。

バットニュースが無ければ

2万円台を狙う展開だと思っていましたが

結局2万円にタッチせず終わってしまいました。

下落してしまったのは原油安が大きな理由ですね。

原油価格がまさかのマイナス値をつけるという前代未聞な事が置きました。

コロナウイルスによる世界的な外出自粛で原油の需要が落ちたためですね。

そのために、需要より供給が高くなってしまい石油の在庫を抱えきれなくなってしまった様です。

原油の4割は車が占めているようなので

このコロナウイルスによる自粛はかなり痛手になりますよね。

原油価格が落ち始めるとデフレとなりやすくなる為、株価もリスクオフムードとなり落ちてしまいました。

今週は完全に石油にやられた一週間でしたね。

まぁ、仕方ないかですね。

石油の先物取引している人はかなり損を食らった様ですね。

アメリカの新規失業保険申請件数も442.7万件と相変わらず大量に出ており、アメリカの失業者が5000万人も出てしまっている様ですね。

アメリカの人口が約3.3億人なので、6人に一人は失業していると言う事ですね。

けど、それだけの人数が自宅待機しているなら感染拡大予防になりそうですね。

製造業PMIも36.9と前回の48.5から大きく下がっているし、新築住宅販売件数も62.7万件で、前回の76.5万件から大きく下げてますね。

アメリカ経済の鈍化が進んで居ますね。

日銀の追加緩和

日銀は、来週開く金融政策決定会合で、新型コロナウイルスの感染拡大で景気の大幅な落ち込みが避けられないとして、これまで以上に積極的に国債を買い入れ資金を大量に供給する追加の金融緩和を検討する方針です。企業の資金繰り支援策も議論し、政策を総動員する姿勢を明確にします。

日銀は、来週27日に当面の金融政策を決める会合を開きます。会合では、市場に大量の資金を供給するため国債をこれまで以上に積極的に買い入れる追加の金融緩和を検討する方針です。

現在、国債の買い入れは「年間80兆円をめどとする」という事実上の上限を定めていますが、感染拡大が収束して経済活動が正常化するまでの間はこの上限をなくすことなどを議論する見通しです。

また、緊急事態宣言による外出の自粛要請などで企業の資金繰りが厳しくなっているため、企業が発行する社債や、CP=コマーシャルペーパーの買い入れを一段と増やし、資金調達をしやすくすることも議論します。

新型コロナウイルスへの対応でアメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会は、すでに国債などを制限なく買い入れる異例の量的緩和策を打ち出しています。

日銀は、政府が国債の新規発行を増やして大規模な経済対策に乗り出す中、海外の動きも踏まえ景気を支えるため政策を総動員する姿勢を明確に示す方針です。

引用元サイト

来週に日銀の会合があるという事で、今後の追加緩和に期待が高まれば2万円を狙える可能性はあると思います!

毎回恒例のPBR

0.93と1を割っていますね。まだ割安は続いていますね。

しかし、0.93以下にもなり得るので注意が必要です。

恐怖指数

恐怖指数40を切る場面も多くなって来ましたね。

しかしまだまだ市場はパニック中ですね。

まとめ

原油安が止まりません!これが終わらない限りは株価が乱高下する事でしょう。この原油安で国同士で揉め事が起こらないことを願っていますが、トランプ大統領はイランに対して邪魔してくる船舶を攻撃していいなど過激な発言をしている様なので困りますね。

コロナウイルスが収まり早く日常が戻るといいですね!

では閲覧ありがとうございました!

テリテリでした!

応援クリックお願いします。

オススメ書籍お金は寝かせて増やしなさい【電子書籍】[ 水瀬ケンイチ ]金持ち父さん貧乏父さん改訂版 アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 [ ロバート・T.キヨサキ ]ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理【電子書籍】[ バートン・マルキール ]スポンサーリンク

カテゴリー
投資

日経平均株価 考察

今週も一週間終わりましたね。

まだまだコロナウイルスは収束する気配はありません。

東京では一日の感染発覚数が200人を超えてしまいました。

今までの7都道府県に緊急事態宣言をしていましたが

緊急事態宣言を全国に拡大するなど、変化のあった一週間でしたね。

日経平均株価は何と、今にも2万円まで回復しそうな勢いです。

月曜日に大きく下げて始まったので、このまま2番底をつけてしまうのでは?と懸念しましたが

いい感じに上がって終わってくれて安心しました。

今週は中国の実質GDPが発表され-6.8%と初めてマイナスを示しましたね。

それを受けても日経平均株価は大きく上がっておわりました。

理由としてはアメリカが感染者の少ない地域から経済活動を再開するとした事が好材料となったようですね。

それにより日経平均株価は607円高となりました。

(僕の持ち株は全然上がらなかったけど)

現状は、指標よりもアメリカや中国などの感染状況と経済活動再開などが材料となり株価が上下している状況です。

しかしアメリカもNY市長とバチバチやりあっているし

経済活動再開もどうなるか分からない感じですね。

日本は国民全員に一律10万円を支給する考えを固めるなど、実際に配布が始まれば好材料となる可能性がありますね。

それにしても、未だに減税する気が無いという事にはびっくりです。

個人的な考えですが、国民全員分だと現金支給すると1.2兆円かかります。

それなら日付を決めて1.2兆円分ETF買いすると浅間して国民に証券会社に口座を作らせて、株を買うように促した方が良いんじゃないのかな?とか思っちゃいますね。

まぁインサイダー取引になっちゃうかもですが(笑)

PER

まだPBRは1倍を切っており安値圏にあると言っていいでしょう。

しかし、これから決算発表が5月になると本格化するので

企業の売上が落ちて純資産が減る事によりPBRも上昇する可能性がありますね。

注意が必要です!

恐怖指数

まだまだ37.58と高値で推移していますね。

一時60を超えた恐怖指数ですが、それに比べれば回復してきましたね。

それにしても2008年のリーマンショック時の上昇も凄いですね。

来週の予想

このまま行けば株価は上がり続けると思っています。

2万円を超えてくる場面もあるのでは無いでしょうか?

まとめ

依然としてコロナウイルスは収束していませんが、アメリカでも薬の開発や日本のアビガン提供など、世界で一丸となってこの非常事態を乗り越えようとしています。

コロナウイルス収束の兆しとともに株価も必ず大きく回復してくれるはずです。

含み損で困っている方も時間を味方にしてガッチリホールドしてそれまで待ちましょう。

では、閲覧ありがとうございました!

テリテリでした!

オススメ書籍お金は寝かせて増やしなさい【電子書籍】[ 水瀬ケンイチ ]金持ち父さん貧乏父さん改訂版 アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 [ ロバート・T.キヨサキ ]ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理【電子書籍】[ バートン・マルキール ]

スポンサーリンク