損切り!そして買い増し

シンバイオ製薬損切り 動く!

こんにちは!

先日シンバイオ製薬を損切りしたテリテリです。

さて、持ち株400株を412円で15万円分を損切りし手持ちが16万円増えました。

いやー断腸の思いでした。

シンバイオ製薬の損切りについては過去記事ブログを是非ご覧ください。

シンバイオ損切りへ

そもそもシンバイオ製薬を損切りしたのは、別に欲しい株があったからなんです。

その手元に残ったお金で購入した銘柄を

紹介したいと思います。

アプリックスの買い増し

兼ねてからちょくちょく買っているアプリックスを200株買い増ししました。

アプリックス関連記事

アプリックス決算発表

アプリックス買い増し

買い増しした理由ですが、上記ブログにアプリックスの詳細が詳しく書いてありますが簡単に説明させていただきます。

アプリックスチャート

アプリックス指標

PER —–

PBR 4.8倍

PSR 11.96倍

売上高経常利益率-21.57%

売上高変化率150.45%

配当金なし

アプリックスとは?

アプリックスはソフト基盤事業から撤退して主力を新たにIoTやMVNO事業に2019年よりシフトチェンジしていますね。

IoTでは東京ガスのガス管理やKDDI、清水建設も採用されるなど、新規参入にして既に大手と取引していますね。

KDDIや清水建設も採用!IoTモジュール60万個突破

IoTモジュールの売れ行きも上々そうです。

MVNOは格安モバイルやらポケットWi-Fiがありますね。

これも、テレワークによる需要が高まる可能性がありますね。

そんな感じで新規事業が順調なイメージです。

アプリックスの武器

この2つがアプリックスの主軸となりますよね。

一つがWi-Fi事業ですね。3大通信キャリアの全てのLTEエリアに対応!

と書いてありますが、第4のキャリア楽天には対応してるのかな?

とか思いつつ見てました。

このWiFi事業個人的にはかなり良いと思ってます。

これからテレワークや社外での仕事も増えそうなのでポケットWiFiをも使用する機会が増えそうですし、我が家はWiFiを引いてませんが、今ポケットWiFiを検討しています。

ルーターと違い工事もいらないし楽に導入できますしね♪

アプリックスのポケットWiFiにしようかな

次に東京ガスエンジニアリングソリューションとのガス保安関連機器とのIoT化共同ですが

もし実現されれば、安定した収益基板として期待できますね。

東京ガスの加入者数は1190万件(東京ガスホームページより)なので

1190万件全てに設置、対応するとなるとこれは大きい収益を上げそうですね。

アプリックス買い増し理由

やはり決算発表における黒字化が大きいですね。

アプリックスは2019年から新規事業としてIoTやMVNO(格安スマフォやポケットWi-Fi)などに主軸をシフトさせています。

これがまた順調で黒字化を達成できてますね。

決算発表を読んでいくと、上方修正がいつでも出せる状態であると明記してあります。

アプリックス決算資料より

既に業績予想を超えており「the Wi-Fi」の通信不良による販売の遅れやコロナによる状況を様子見する為にあえて上方修正を出していない様です。

そこまで先を見て上方修正を出さないでくれたのは好感がもてますね。

この様に、赤字から黒字化を成功し

更には東京ガスの保守関連機器へのIoT導入による安定収入とこれこらコロナによる追い風を受けれる

というか、既に受けているのでは?

と思ってます。

まぁ

どうなるかは分かりませんが

中長期目線でいきたいと思います。

では閲覧ありがとうございました!

テリテリ投資ブログでした!

買い増し

今日の日経平均株価は大きく下げてしまいましたね。

かなりショックです⤵

まぁ、毎日市場を見てるのも良くはないんですが

ついつい相場を見てしまいますね。

今日の日経平均株価は230円安で終わりましたね。

簡単に23000円を割ってきました(笑)

決算発表も終わり

先行き不透明感はまだ続く内容ばかりだったので中々23000円中盤をを意思するのは難しそうですね。

そんな中、保有株式のサイボウズからこんなニュースがでました。

サイボウズ トヨクモ売出しへ

好材料となり爆上げかな?の思いましたが

結果を見ると-15円安とダメダメな結果でしたね。

魔法の言葉の材料出尽くしという奴ですかね。

それ以外で今日はすごい悩んだ一日でした。

何を悩んだかと言いますと

アプリックスの買い増しするかどうかです。

アプリックスといえば先日にかなり、いい内容の決算発表をしたところであり株価も大きく上げてきています。

アプリックス決算発表内容まとめ

このコロナ禍ですら赤字から黒字となった場所です。

かなり強い銘柄な気がします。

なので既に100株持っているわけですが、

更にほかの株式を売ってアプリックスを買い増ししようか悩んでいる感じですね。

悩み抜いて結局、アライドテレシスを400株手放してアプリックスを100株だけ購入する事にしました。

約定価格は394円です。

今後、コカコーラボトラーズを売ってさらなる買い増しをするかどうかめちゃくちゃ悩んでいます。

コカコーラといえば、工場が被災してから生産性の低下と工場投資に費用がかかり赤字続きです。

コカコーラ決算発表内容まとめ

しかもオリンピックやるのかどうかも不明。

オリンピックの協賛にコカコーラが入ってますので延期になったら打撃はおおきそうです。

更に、僕はコカコーラで含み損が12万円もあるので中々損切りできませんでした。

そこを切り捨てて、これから成長する見込みがあるアプリックスを購入するか?

悩みに悩んでいます。

未だに悩んでおり、答えが無い事なのでなおさら、答えが出ないですね。

どうしてもコカコーラのネームバリューを考えると売る気になれないんですよね。

この苦悩はずっと続きそうです。

こんな時、資金追加できれば…!

けど、そんな事してたら切りがないですね。

もし何か、決まったらご報告します。

一先ず今日はアライドテレシス700中400枚を売り、その後アプリックスを100株だけ買い増しました。

では閲覧ありがとうございました!

テリテリブログでした!

アプリックス決算発表内容まとめ

アプリックスから決算発表が出ましたね。

分かりやすく簡潔に決算発表内容をまとめているので、初心者の方もわかりやすいかと思います。

良ければ最後まで見てください。

アプリックスとは?

アプリックスはソフト基盤事業から撤退して主力を新たにIoTやMVNO事業に2019年よりシフトチェンジしていますね。

IoTでは東京ガスのガス管理やKDDI、清水建設も採用されるなど、新規参入にして既に大手と取引していますね。

KDDIや清水建設も採用!IoTモジュール60万個突破

IoTモジュールの売れ行きも上々そうです。

MVNOは格安モバイルやらポケットWi-Fiがありますね。

これも、テレワークによる需要が高まる可能性がありますね。

そんな感じで新規事業が順調なイメージです。

アプリックス チャートと株価

アプリックス株価298円 8月現在

アプリックス決算発表内容

アプリックス売上高

2.29億円→13.72億円

498.2%増

アプリックス営業利益

-1.45億円→7500万円

黒字化成功

アプリックス経常利益

-1.46億円→6800万円

黒字化成功

アプリックス四半期純利益

-1.75億円→6600万円

黒字化成功

アプリックス業績予想

売上高25.02億円

196.8億円

営業利益5000万円

黒字化

アプリックス配当金

一株あたり0円

アプリックス経営成績

<テクノロジー事業>
受託開発案件やMyBeaconを始めとするIoT製品・サービスの拡販に注力。

<ソリューション事業>
連結子会社であるスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社のMVNOブ
ランド「スマモバ」における格安ケータイや格安SIM、クラウドSIMを用いたモバイルWiFiルーターサービス「めっち
ゃWiFi」や「THE WiFi」

法人向けIoTデータ通信サービス「unio(ユニオ)」など、顧客ニーズに応じたデータ通信サービスの拡販に注力。

新規事業のソリューション新規事業の伸び方がやばいですね!

業績予想などの予測情報

今期の営業利益は7500万円と、既に予想の5000万円を超えている。

これは顧客の都合による売上計上時期がズレた事やWi-Fiルーターサービスの「The Wi-Fi」販売に不透明性があるため、保守的に予想して現段階で業績予想の上方修正はしません。

まとめ

え、めっちゃ決算内容いいですね!

2019年よりIoTとMVMOへ主軸を変えたアプリックスですが大成功な感じがしますね。

今期は黒字化という事で、微笑ましい内容でした。

いやーお金があれば買いたい(笑)

なぜ100株しか買ってないんだ!!

くそー!

業績予想のこの意味深な感じ(笑)

上方修正出せるのに出さないなんて味な事しますね。

株価意識してくれてますね。

好印象です!

前回決算発表
では閲覧ありがとうございました!

テリテリ投資ブログでした!

アプリックス 決算発表注目点

アプリックスの決算発表間近ですね。

注目点を見ていきたいと思います。

アプリックスチャートと株価

綺麗な右肩上がりなチャートですね。

アプリックスの株価は286円


アプリックスとは?

アプリックスはソフト基盤事業から撤退して主力を新たにIoTやMVNO事業に2019年よりシフトチェンジしていますね。

IoTでは東京ガスのガス管理やKDDI、清水建設も採用されるなど、新規参入にして既に大手と取引していますね。

KDDIや清水建設も採用!IoTモジュール60万個突破

IoTモジュールの売れ行きも上々そうです。

MVNOは格安モバイルやらポケットWi-Fiがありますね。

これも、テレワークによる需要が高まる可能性がありますね。

そんな感じで新規事業が順調なイメージです。

アプリックス決算発表注目点

さて、アプリックスの決算発表注目点ですが、

ポケットWi-Fi事業の成長を期待したいですね。

IoT部門は基本的には業者向けでメンテナンスや管理費などで収入を得ることになると思うので、そこらへんの新たな導入があればサプライズとなりそうですね。

まだ、アプリックスは赤字経営なのでどれほど縮小出来るか?それが気になりますね。

まとめ

  • ポケットWi-Fiでの+α収益があるか?
  • 新たなIoT導入先があるのか?

前回決算発表
では閲覧ありがとうございました!

テリテリ投資ブログでした!

コロワイド 大戸屋敵対的買収!?

ファミリーマートの次は大戸屋が!?

先日、ファミリーマートが伊藤忠に買収されましたが

今度はコロワイドが大戸屋を買収する様ですね。

まじか!!

しかも何か敵対的買収らしく

コロワイドと大戸屋はバチバチ状態みたいですね。

コロワイドと言えば株主優待が有名で保有している方も多いのでは無いでしょうか?

かっぱ寿司や牛角なども傘下にありますね。

大戸屋もチェーン店展開しており国内外に463店舗だしてますね。

コロワイドは時価総額1030億円

大戸屋は時価総額189億円

と十倍くらいコロワイドの方が大きい企業となりますね。

もともとコロワイドは大戸屋の株式を19%保有しており、それを株主比率を50%まで上げるようですね。

購入金額も3081円で購入するのこと見たいですね。

プレミアム価格で市場の株価より40%以上は高く買収するようです。

コロワイド側の絶対的に買いたい!という意志が伝わってきますね。

大戸屋的には寝耳に水だった様でこんなIRが開示されてましたね。

大戸屋IRより引用

本公開買付けの公表は、当社に対して何ら事前の連絡もなく、一方的かつ突然に行われたものです。本年6月25日に開催された当社定時株主総会において、コロワイド社による当社子会社化を前提とした株主提案が、多くの株主の皆様の反対により否決されたにもかかわらず、コロワ
イド社が当社の子会社化を目的とした本公開買付けをその後直ちに開始するということは、当社定時株主総会において示された当社株主の皆様の意思を軽視するものと考えており、当社として誠に遺憾であります
当社といたしましては、今後、本公開買付けに係る公開買付届出書等の内容その他の関連情報を精査した上で、速やかに当社の見解を公表する予定です。株主の皆様におかれましては、当社から開示される情報に十分ご留意いただき、慎重に行動していただきますようお願い申し上げま
す。
なお、本開示資料は、本公開買付けに関する意見を表明するものではありません。本公開買付
けに関する当社の意見は、決定次第改めてお知らせいたします。

と、めちっちゃ大戸屋が怒ってます。

元々何故にこんなに敵対してしまったのか?

事の始まりは創業者が亡くなりそこから引き継いだ19%を超える株式を手放したことから始まります。

その時に購入したのがコロワイドでした。

それによりコロワイドは大戸屋の19%を超える株式を購入する事が出来、大株主となりました。

19%も保有している訳ですから口出しして影響力を及ぼす事が出来る立場となった訳ですね。

そこでコロワイド側は株主総会で大戸屋に営業方法を見直す様に苦言したのが事の発端のようです。

大戸屋はお店で野菜や調理をして提供するスタイルに拘っているようです。

このスタイルを突き通して来たし、現在の大戸屋ファンを裏切る事をしたくない!というのが大戸屋の言い分らしいです。

しかし、そのスタイルは時間と人件費がかかりコストパフォーマンスが悪く経営が傾いている状況で同じ方法をとっていても成長は見込めないとコロワイド側は主張している訳です。

なのでコロワイド側はセントラルキッチン方式を勧めている訳です。

しかし大戸屋は大株主であるコロワイドの意見を否決しました。

因みにセントラルキッチン方式とは?

カット野菜や出来上がった物を温めてお皿に盛って出す方式です。簡便にする事で人件費や回転を上げる事が期待できます。

他の良くあるチェーン店で使われている方式らしいですね。

大戸屋的にはそれじゃ、大戸屋じゃない!

自分のところで野菜をカットして調理し出した方がいい野菜を安く買え料理の味も確実に美味しい物を提供出来る!

社長の理念があります。

なのでセントラルキッチン方式を入れる事により、

質の悪い物を高く買って更に料理の質が落ちるものを出す利点が分からないと一貫して主張しています。

コロワイド側としては大戸屋の10倍の会社価値がある大手であり更には大株主です。

否決したことに対して気に食わないですよね。

大戸屋の業績が改善せずに株価が落ちれば大株主であるコロワイドの資産価値が落ちる訳ですからアドバイスしたくなりますよね。

その意見の不一致で今回の敵対的買収劇となった訳ですね。

とはいえ、大戸屋の資産価値って35億前後だったので今回の買収はコロワイドにとってかなりマイナスになりそうだけど大丈夫かな😥

大戸屋側としては今回の買収を良くは思ってなく遺憾に思っている様ですね。

今後、大戸屋が素直に買収されるのを待っているとは考えられないですよね。

そうなると、違う投資ファンドや企業に更に高い値段で買収してもらうか(ホワイトナイト)新株発行をしまくるしか無いですね。

ホワイトナイト

もし、前者のホワイトナイトが現れれば更に高い値段で公開買付けする事になりますので、今の大戸屋が持っている資産価値から言うと名乗り出る企業や先はないのでは無いかと考えられています。

後者の方が可能性的にはありそうですね。

市場の株式を増やしまくる作戦です。

例えばコロワイドが50%保有したとしても株式を2倍に増やしてしまえば25%となります。

それを、行っていけば買収出来なくなるかも知れません。

しかし、ここで注意しないと行けないのが大量の株式を発行されてしまうと、いま個人で持っている株式の価値が希薄化されてしまいます。

株価が3000円で買ったなら新株発行による株式価値の希薄化で半額に価値が落ちてしまう可能性がとても高いです。

なので株主優待券目的で購入している人とかは大戸屋が買収されない様にする為に株式を増やされれば、大量の含み損を抱える人が出てきてしまいます。

これ、個人株主としては最悪な事態ですよね。

こんなひどい事するの!?と思われますが結構されです。

東証二部のブルドッグソースも過去に大量に株式を増やして買収を回避してますね。

株主からの批判凄いだろうな…

さぁ!この敵対的買収劇!

今後どうなるか!?

注目していきたいと思います。

では閲覧ありがとうございました!

テリテリ株式投資ブログでした♪